12月3日(金)午前10時より、自由民主党代表をして小林一大県議(党政調会長)、午後1時より未来にいがたを代表して大渕健県議、午後3時からリベラル新潟を代表して片野猛県議が、知事の政治姿勢と新型コロナウイルス感染症対策、昨年末から今年正月明けの以上豪雪による交通障害対策などを中心に、県政課題について花角知事に問いただしました。
 各議員の質疑の中では、花角県政となって3年半近くになるが、「成果と課題について」「山積する諸課題に対する今後の県政運営の考えについて」知事の所見を問うものでした。
 知事からは、3年前の就任時には「住んでよし、訪れてよしの新潟県」を目指す決意を議会で述べた。この間、できるだけ各地域に出向き対話をすることにより地域の課題を拾い出し、一つ一つの課題をできるだけ先送りしたり、蓋をしたりせず、真正面から取り組み、少しでも成果が出るよう一生懸命取り組んできたつもりである。その中で、防災・減災対策の集中的な実施、医療提供体制の整備、官民一体となった起業・創業の推進、園芸の拡大など多岐にわたる分野において施策を前に進めてきた。
 一方、就任後本県の極めて厳しい財政状況が判明し、行財政改革が先送りできない課題となった。また、昨年から新型コロナウイルス感染症が流行する中で、感染予防対策と社会経済活動の維持・回復が当面の最大の課題となった。
 これらの就任時には想定していなかった課題に全力で取組み、着実に成果も見えてきているが、「住んでよし、訪れてよしの新潟県」を目指すために必要な施策の中には、十分取組めていないものもたくさんあり、また、新たな課題として、「分散型社会の実現」「脱炭素社会への転換」「デジタル社会の実現」といった将来の本県の成長・発展に向けた対応も必要です。
 来年の知事選に関して現時点で決めているものではなく、これまでの取組を振り返りつつ、新たな課題も含めて、今後の新潟県の発展に何が必要か整理をしていく考えである。
そうした中で、併せて自分自身の役割についても考えていきたいと思う。と、明言を避けたものでした。
なお、詳細は議会HPを参照していただきたいと思いますが、知事の今後の県政運営に関しての回答は、詳細に掲載させていただきました。

カテゴリー : 議会報告