2月22日(月)午後1時より開会。32日間の長丁場の初日、冒頭で約45分間、花角知事の所信表明と提案理由の説明がありました。
最初に今冬の豪雪への対応について、「記録的な豪雪により、除雪作業中の事故死19名、300人を超える負傷者、家屋や農作業施設の倒壊など甚大な被害が生じたこと。昨年暮れの関越自動車道で大規模な車両滞留の発生、新年に入り、上越市や柏崎市などで記録的な積雪で、県内6市に災害救助法が適用されるに至り、自衛隊への支援や関係する関係大臣等に対し、速やかな復旧対策をお願いしたこと等。」
新型コロナウイルス対策では、「感染拡大防止対策と医療提供体制の確保に全力で取組んできたこと。引き続き、県民生活や就学、就職、経済活動、生活弱者など多方面への対策、今後行われるワクチン接種により、感染症蔓延の防止、医療負荷の軽減などに対応する、県医療調整本部の設置で、接種主体となる市町村と緊密な連携で円滑に対応すること。ワクチンの安全性や有効性など正しく理解していただくよう、専門家の助言を踏まえ情報発信に努める等。」
社会経済活動の維持について、「県内事業者の事業継続を図るための事業継続応援金の拡大、県独自の警報などに伴う外出自粛で売り上げ減となった飲食事業者への支援金の支給、また、再び落ち込んだ観光需要を喚起するため、県民向け宿泊割引キャンペーンの実施、イベント開催などが困難となっている文化芸術活動のリモート化による鑑賞スタイルの多様化を図っていくこと等。」
新型コロナ感染拡大により生活等に多大な影響を受けている方々への支援について、「女性や高齢者等で新型コロナの影響により、離職した等を対象とした方への職業訓練の支援、生活困窮者への支援強化に自立相談員等の増員、家計急変などの影響に対応するため、食のセーフティネットを担うフードバンク団体が行う食品保管施設などの整備や子ども食堂での食品配布の取組支援、また、介護を行っているヤングケアラー等の実態調査や相談先の周知などを実施等。」
ウィズ・コロナ、ポスト・コロナ社会を見据えた本県の中長期的な発展に向けた取組について、
「分散型社会」の実現に向けた取組に対し、感染拡大を契機に社会経済活動やライフスタイルの変化に合わせて、人や企業の地方分散の流れに対し、選ばれる地域となるよう着実に施策を実施していく。そのため新年度では、湯沢・妙高エリアでモデル的に実施してきた地域活性化リーディングプロジェクトを佐渡エリア、村上・上越エリアでの実施を検討していく。また、首都圏におけるU・Iターン相談体制の見直しや女性の視点に立った新潟の魅力掘り起しなどを実施等。
「デジタル社会」の実現に向けた取組に対し、こうした潮流を捉え、本県でもデジタルトランスフォーメーションを進めていく等。
「脱炭素社会」への転換について、近年、風水害、雪害、暑熱、農業被害など気候変動が本県も多大な影響を受けている状況にあることから、県では2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを表明した。新年度では、具体的な戦略の検討や脱炭素技術のイノベーションや再生可能エネルギーの導入促進と省エネ・省資源の取組を進めていく。また、水素の利活用や洋上風力発電などに対し、具体的な取り組みを行っていく等。
その他、本県の主要課題について説明がありました。簡潔に報告します。
「一段加速した防災・減災対策の推進」「原子力防災対策の推進」「凶悪犯罪防止や近年多発している、いじめ等児童相談所の児童虐待相談施設の環境整備や相談員の充実」「野生有害鳥獣対策の強化」「地域医療の確保と健康立県の実現」「北朝鮮による拉致問題の早期解決」「産業構造の転換」「付加価値の高い持続可能な農林水産業の実現」「人や企業から選ばれる地域の創出(人口減少対策等も含む)」「多様な地域資源を活用した交流人口の拡大」「更なる拠点性向上に向けた交通ネットワークの整備」「ICTを活用した教育の推進」「行財政改革の実行」などです。
これらを実行するため、新年度では組織・機構の見直しが行われます。最後に、国では先ごろ、新型コロナ対策として第3次大型補正予算が成立し、これにより本県でも今議会に令和3年度予算案と併せて、平成2年度補正予算案が本日提案されました。
補正予算総額が577億8,002万7千円の追加補正です。令和3年度一般会計予算総額1兆4,073億5千万円と併せると総額1兆5,427億7,020万円8千円となります。(15か月予算)
主に新型コロナウイルス感染防止と経済回復に関する予算、国土強靭化関連予算、脱炭素社会に向けた対策予算などです。歳入では、新型コロナウイルスの影響で県税収入が落ち込むため、国に対し有利な補助金や交付税の増額などを見込むなど、当初予算総額は、対前年比15.4%の大幅増額となり、総額でも過去最大規模となりました。
但し、赤字体質が続く県財政に対し「新潟県行財政改革行動計画」に基づいた、厳しい予算の執行が求められています。
提案された43議案は、令和3年度一般会計のほか、条例改正や令和2年度一般会計補正予算などです。これらの審議は、代表質問、一般質問、常任委員会、連合委員会などで3月25日(木)まで行われます。以上、要約して報告といたします。なお、詳細は議会HPを参照ください

カテゴリー : 議会報告