12月10日(月)午前10時より、宮崎悦男県議と高橋直揮県議(共に自民党)、午後1時より、松原良道県議と石坂浩県議(共に自民党)、午後3時より、安沢峰子県議(公明党)と重川隆弘県議(無所属)の6名が一般質問を行いました。主な質問要旨ますと、宮崎県議は「防災減災関連、健康立県関連、錦鯉の国魚関連など」高橋県議は28問中「新潟市との連携関連、農副連携関連など」松原県議は23問中「国土強靭化関連、アルペンワールドカップ開催関連など」石坂県議は2問中「県職員のマネジメント関連、インバウンドの救急関連など」安沢県議は20問中「障害のある児童生徒の教育関連、中国の米輸出解禁関連など」重川県議は19問中「観光行政関連、越後杉ブランド認証制度関連など」について、知事並びに教育長、各部局長に質疑を行いました。なお、詳細は議会を参照ください。

カテゴリー : 議会報告