12月7日(金)午前10時より、楡井辰雄県議(自民党)と高倉栄県議(未来にいがた)、午後1時より、佐藤卓之県議(自民党)と佐藤伸広県議(未来にいがた)、午後3時15分より、小林一大県議(自民党)と矢野学県議(自民党)の6名が一般質問を行いました。主な質疑を要約しますと、楡井県議は23問中「人口減少問題関連、農福連携関連、農作物の渇水対策関連、北陸新幹線・かがやきの停車などの関連、いじめ問題関連」高倉県議は36問中「県央基幹病院や吉田病院など地域医療関連、県内にある地域振興局の在り方など」佐藤(卓)県議は24問中「県央地域のインフラ関連、県央基幹病院関連、人口減少問題関連、起業の推進関連と中小企業支援関連など」佐藤(伸)県議は20問中「県立高校生徒の自殺問題関連、越後杉ブランド材の不適正事案関連、知事のリーダーシップ関連」小林県議は26問中「人口減少問題関連、外国人労働者問題関連、新潟空港の利便性向上問題関連、ふるさと納税関連、農林水産業問題関連、学生の就職・採用活動関連、災害対応関連スポーツ政策関連」矢野県議は17問中「県の財政問題関連、投資的経費の拡大関連、自主財源確保関連、行政組織の見直し関連」等について、知事並びに教育長、各部局長に質疑を行いました。なお、詳細は議会HPを参照ください。

カテゴリー : 議会報告