10月30日(火)午前10時に開会。冒頭に、藤山福祉保健部長から「結婚希望者の願いをかなえる支援(あなたの婚活)応援プロジェクト」について、また、「妊娠・出産・子育て環境の充実に向けた取組について」、続いて橋本産業労働観光部長より「結婚・子育てと仕事の両立に向けた取組について」更に、本間県民生活環境部長より「職場における女性活躍の推進」について、資料説明を受け質疑を行いました。これに対し小山芳元委員、富樫一成委員、佐藤卓之委員、秋山三枝子委員、安沢峰子委員、小島義徳委員から質問がありました。主な質問内容ですが、「各種婚活支援事業の成果をどのように評価しているか。」「コンピュータによるマッチングのどのくらい登録していて成果は。」「マッチングの内容が複雑で利用者に分かりにくいが。」「子育て支援センターの取り組み内容は。」「出会いサポート支援は、人の問題。五泉市では、世話役人でこまめに対応して成果を出している人がいる。」「男性の育児休暇取得優良事例が長岡市の会社にあるが、もっと情報提供すべき。」などです。これに対し、全体的には当局は関係部局が多いため、細部による調査や分析などが曖昧であると感じた。また、市町村との話し合いの場はあるとしたが、情報共有や連携にも今一つ工夫が必要に感じた。何れにしても、人口減少問題は県の最大課題として、一層の工夫が必要である。

カテゴリー : 委員会報告