平成30年9月10日(月)~14日(金)の日程で、香港とタイを訪問しました。
団長は岩村良一副議長、他9名(自民党6名、未来にいがた2名、無所属1名)と事務局から2名、通訳兼添乗員1名のメンバーです。

 

初日と最終日は移動日となります。実質3日間で進出企業や領事館などを訪問しました。

香港では、11日は「久保田米業」「在香港日本国総領事館表敬訪問」「インベスト香港」12日は「JNTO香港事務所」を訪問し、本県とかかわりのある「新潟米」や「日本酒」等の県産品輸出の現状と将来性について、また、香港の総人口約740万人のうち、毎年訪日する人が「約220万人」に達し、中でも10回以上のリピーターがいるとのこと。残念ながら、本県も輸出やビジネス、観光誘客に力を入れているが、他県に比較して最低クラスの実績であり、特に西日本に対し大きく差を広げられていることが明確に判明しました。

世界各国から、毎年香港へ約5,000万人以上が訪れるとのこと。更に、ここに来て、中国との間で高速鉄道が結ばれ、マカオとは橋で結ばれるなど大幅に時間短縮されることから、今後一層人との交流が増えて、観光やビジネスなどに期待が持てることを肌で感じたところです。

 訪問での感想ですが、空港から市街地への移動の際、車中から見る景色では林立する高層ビル群、おびただしい自動車の大半が日本車で、しかも殆ど小型車は見られず高級車ばかり。港には、数多くの船とガントリークレーンが林立し活力を感じました。
 注目すべきは、建築中の工事現場で使用されている足場は、全て孟宗竹でした。これで高層ビル建設をするなど日本では考えられないことです。

また、食文化の違いで殆どが外食で、しかも冷たい食品を好まないそうです。久保田米業では、これまでの輸入米は香港人の口に合わず敬遠されていたそうですが、現地で精米することにより食味も良好で、最近は、日本食ブームとおにぎりが人気とのことでした。イベントでは、日本酒の酒の陣に大勢の人たちが集まるそうです。
 意見交換では、訪日のリピーターの大半が都会志向から田舎志向に変わっていて、その中でも移動手段はレンターカー利用者で、レンターカー会社に本県の観光などのパンフを置くことも必要とのことでした。また、中国への進出を計画しているのであれば、香港経由が有利とのこと。利益の日本への持ち込みが認められているそうです。

 タイに異動して、「タイ福田組」「エンドウタイ」「JNTO事務所」「JETRO事務所」を訪問し、本県から進出している「福田組」と「遠藤製作所」などから、進出の経過と現状、今後の対応をお聞きしました。

 空港から市街地に向かう高速道路は、片道5車線と広く、ここでも大半が日本車でした。市街地に入るとバイクも多く、しかもオレンジ色のチョッキを着ているバイクは、後ろに人を乗せて走るタクシーでした。大混雑の狭い中を巧みにすり抜けて走る技量にはビックリです。道路の歩道上では、所狭しと屋台が出ていて大勢の人達が食事をしていました。申し訳ないけれど、不衛生な感じでとても食べる気がおきません。交通信号も横断歩道もありますが、無視する人が慣れていない多く、日本人には危険で無理だと現地案内人が言っていました。また、犬やトカゲは宗教の関係で殺傷してはいけないそうです。
 市街地には、至る所で電線が何十本も束になっていて、多くは盗電とのことでした。これも危険極まりないと思いますが、一方では金融や貿易、企業進出、観光産業などが活発で、今やシンガポールを上回る状況で、そのギャップが理解できない事でした。但し、バンコク周辺は土地も人件費も進出メリットが無くなりつつあり、訪問先での話では、今後は地方への展開となるとのことでした。
 今回は2か国の訪問で感じたことは、これまでの本県の対外関係では、主に北東アジアもしくは東南アジアに主力を置いた展開でしたが、今後は、東アジアへのシフトも大切であり、戦略の練り直しと人的交流による情報交換が不可欠だと思いました。
 最後に、今回の訪問日程は大変厳しく、初日は香港着が真夜中となり、翌日からの訪問先も移動時間が長く、最後の日も早朝4時にホテルを出発するなど、体力勝負の内容でしたが、日本と外国の違いを体験できた貴重な時間を、今後の県政に活かせるよう努力していくつもりで、私の報告とします。なお、私はSNSでも一部報告済みですが、詳細は報告書として作成されますので、後日拝見していただきたいと存じます。

カテゴリー : 未分類, 議員活動