9月1日(土)午前10時30分より、同校体育館で式典が挙行されました。入村市長はじめ歴代の校長や地元区長さん等来賓36名(私も)と元教職員18名、現職の教職員や保護者など総勢約100名が参加し、約30分の式典でした。現在の児童生徒数は38名(小学部9名、中学部9名、高等部20名)で、昨年8月29日より廃校となっていました旧斐太南小学校に、市内錦町校舎移転から移転し開校となったものです。40年の歩みでは、昭和35年4月1日・旧三和村美守小学校及び上美中学校にしき学園分校として開校、昭和51年8月1日に旧新井市錦町(旧野田岡寺でしたが、大字名を変更)に移転、平成17年4月1日に合併により妙高市立にしき特別支援学校に変更。その後保護者から高等部設置の要請があり、本来ならば県が開設すべきところ、妙高市がかわって平成22年4月6日に開設したものです。しかし、校舎の老朽化と児童生徒の増加により、校舎の耐震化など問題が起こり、その際、幸いにも旧斐太南小学校区の児童数激減により、廃校となっていた校舎が再活用されたものです。私も、この小学校が母校であり学校存続となって大変うれしく思う一人であります。式典後は、総合支援学校となり新しい校歌を作詞作曲された、市内在住の「歌手・高木いくの」さんによる、記念コンサートが催されました。彼女は、1997年に2ndシングル「片思い」で優先新人賞を受賞された程の有名なポップ歌手とのことでした。午後1時3分から場所を妙高市コミセンで祝賀会が催され、年代の校長が思い思いの話をされ、会を盛り上げてくれました。

久しぶりのブログです。最近は、SNSでの情報発信が中心で、ご無沙汰していますが、機会を見つけてブログを記載します。よろしく。

カテゴリー : 地区いろいろ情報