12月16日(土)午前8時にオープン式典が挙行されました。式典には、韓国ロッテグループ・重光昭夫会長をはじめ、入村市長、米山県知事などがテープカットを行いました。

旧新井リゾートが、2006年に閉鎖してから11年ぶりの再開です。私は、旧新井リゾートの開発に最初から関わり、妙高市発展の夢を託してきたプロジェクトが、とん挫したことに対し長年忸怩たる思いを引きずってきました。しかし、入村市長の幅広い人脈により、今日を迎えることが出来て言葉に言い尽くせない程感動しました。
これまで、地元の皆さんに大変ご迷惑をお掛けしてきましたが、これで片の荷が下りた想いでいっぱいです。
 午後4時から、同ホテル内でオープニングセレモニーが行われ、参加させていただきました。重光会長様のあいさつに「ロッテとしては、初のスキーリゾートであり、皆さんと一緒に発展させたい。」と言われた言葉は、大変ありがたく心に響きました。

同会場には、地元の区長さん達も同席していまして、お互いにこの日を忘れることなく、ともに発展していけるよう協力していきたい。と言われていたことが印象的でした。
施設内の内容も、フルシーズンの利用が出来るようになっています。天然温泉も食事も楽しめますが、総じて感じたところでは、ホテルや施設全体が高級感溢れた内容で、年間入り込み客数30万人のうち半数は外国人を予定しているなど、地元民には多少ステータスが高いと思いました。いずれにしても、ぜひとも成功してほしいと願うものです。

カテゴリー : 地区いろいろ情報