10月22日(土)午前9時30分より、同校体育館にて記念式典が行われました。
当日は、県立安塚高校閉校式や県立高田商業高校創立記念式典などがあり、来賓の一部ではやりくりが大変なようでした。
本校120年の歩みでは「本校創立者は、故・増村度次氏。旧板倉町の素封家に生まれ、29歳で先考の意思を継ぎ、中堅人物育成のため私財を投じて設立し、終身その教育と経営の任に当たる。」と明記されていました。これまでの間、幾多の紆余曲折を得てきましたが、少子化時代の今日、これからの学校経営は多難ですが、建学の精神で乗り切ってほしいものです。なお、昭和39年4月には同校は新潟県立に移管しています。

カテゴリー : 地区いろいろ情報