カテゴリー別アーカイブ: 未分類

平成30年9月10日(月)~14日(金)の日程で、香港とタイを訪問しました。 団長は岩村良一副議長、他9名(自民党6名、未来にいがた2名、無所属1名)と事務局から2名、通訳兼添乗員1名のメンバーです。   初日と最終日は移動日となります。実質3日間で進出企業や領事館などを訪問しました。 香港では、11日は「久保田米業」「在香港日本国総領事館表敬訪問」「インベスト香港」12日は「JNTO香港事務所」を訪問し、本県とかかわりのある「新潟米」や「日本酒」等の県産品輸出の現状と将来性について、また、香港の総人口約740万人のうち、毎年訪日する人が「約220万人」に達し、中でも10回以上のリピーターがいるとのこと。残念ながら、本県も輸出やビジネス、観光誘客に力を入れているが、他県に比較して最低クラスの実績であり、特に西日本に対し大きく差を広げられていることが明確に判明しました。 世界各国から、毎年香港へ約5,000万人以上が訪れるとのこと。更に、ここに来て、中国との間で高速鉄道が結ばれ、マカオとは橋で結ばれるなど大幅に時間短縮されることから、今後一層人との交流が増えて、観光やビジネスなどに期待が持てることを肌で感じたところです。  訪問での感想ですが、空港から市街地への移動の際、車中から見る景色では林立する高層ビル群、おびただしい自動車の大半が日本車で、しかも殆ど小型車は見られず高級車ばかり。港には、数多くの船とガントリークレーンが林立し活力を感じました。  注目すべきは、建築中の工事現場で使用されている足場は、全て孟宗竹でした。これで高層ビル建設をするなど日本では考えられないことです。 また、食文化の違いで殆どが外食で、しかも冷たい食品を好まないそうです。久保田米業では、これまでの輸入米は香港人の口に合わず敬遠されていたそうですが、現地で精米することにより食味も良好で、最近は、日本食ブームとおにぎりが人気とのことでした。イベントでは、日本酒の酒の陣に大勢の人たちが集まるそうです。  意見交換では、訪日のリピーターの大半が都会志向から田舎志向に変わっていて、その中でも移動手段はレンターカー利用者で、レンターカー会社に本県の観光などのパンフを置くことも必要とのことでした。また、中国への進出を計画しているのであれば、香港経由が有利とのこと。利益の日本への持ち込みが認められているそうです。  タイに異動して、「タイ福田組」「エンドウタイ」「JNTO事務所」「JETRO事務所」を訪問し、本県から進出している「福田組」と「遠藤製作所」などから、進出の経過と現状、今後の対応をお聞きしました。  空港から市街地に向かう高速道路は、片道5車線と広く、ここでも大半が日本車でした。市街地に入るとバイクも多く、しかもオレンジ色のチョッキを着ているバイクは、後ろに人を乗せて走るタクシーでした。大混雑の狭い中を巧みにすり抜けて走る技量にはビックリです。道路の歩道上では、所狭しと屋台が出ていて大勢の人達が食事をしていました。申し訳ないけれど、不衛生な感じでとても食べる気がおきません。交通信号も横断歩道もありますが、無視する人が慣れていない多く、日本人には危険で無理だと現地案内人が言っていました。また、犬やトカゲは宗教の関係で殺傷してはいけないそうです。  市街地には、至る所で電線が何十本も束になっていて、多くは盗電とのことでした。これも危険極まりないと思いますが、一方では金融や貿易、企業進出、観光産業などが活発で、今やシンガポールを上回る状況で、そのギャップが理解できない事でした。但し、バンコク周辺は土地も人件費も進出メリットが無くなりつつあり、訪問先での話では、今後は地方への展開となるとのことでした。  今回は2か国の訪問で感じたことは、これまでの本県の対外関係では、主に北東アジアもしくは東南アジアに主力を置いた展開でしたが、今後は、東アジアへのシフトも大切であり、戦略の練り直しと人的交流による情報交換が不可欠だと思いました。  最後に、今回の訪問日程は大変厳しく、初日は香港着が真夜中となり、翌日からの訪問先も移動時間が長く、最後の日も早朝4時にホテルを出発するなど、体力勝負の内容でしたが、日本と外国の違いを体験できた貴重な時間を、今後の県政に活かせるよう努力していくつもりで、私の報告とします。なお、私はSNSでも一部報告済みですが、詳細は報告書として作成されますので、後日拝見していただきたいと存じます。

平成30年4月18日(水)~19日(木)の日程で、4か所を視察してきました。 18日午前10時に議会棟を出発。今月15日(日)に、新潟駅・高架駅第一期開業したばかりのホームを視察するため、越後線・白山駅から電車で、同一ホーム乗換体験をしました。  駅周辺整備事業は、平成4年度に新潟県と新潟市の共同事業として調査が開始されました。平成10年に、駅周辺整備基本構想が公表。その後、関係者で協議が重ねられ、駅前広場や駅舎の計画はコンペで募集。これをベースに、平成17年度都市計画決定がなされ、平成18年度の認可を得て事業がスタートしたとのこと。なお、新潟市が政令都市に移行したことから、平成19年度から事業主体が新潟市に移管されました。  事業内容は、「連続立体交差事業」「幹線道路整備事業」「駅前広場整備事業」の3区分で実施され、概ね2023年度頃完成を目指すとしています。 15日にオープンした、越後線の高架化(区間は2.5km)では踏切が2か所(天神尾踏切、米山踏切)除去されたことにより、周辺道路の交通渋滞緩和や歩行者や自転車の安全な通行が確保されたこと。これにより新潟駅部分の高架下を貫通し、南口と万代口を結ぶ交通広場が設置され、更に、ここをバスの通行も2021年度には可能となり、一層の利便性向上が図られると期待が大きい。 また、上越新幹線「とき」と特急「いなほ」が同じホームで乗換が可能となり、移動時間の短縮や上下移動の解消などの利便性向上が期待され、これにより庄内・秋田方面との日本海国土軸形成への役割を担うことができること、新潟市並びにJR東の担当職員から、新幹線と在来線の接続箇所で説明を受けました。  2か所目は、三条地域振興局地域整備部所管の「五十嵐川災害復旧助成事業の竣工について」現状を視察しました。 平成23年7月27日~30日にかけて、新潟県と福島県会津を中心に前線が長時間停滞し、線状降水帯が五十嵐川流域に連続して発生し、上流の笠堀ダム周辺では総雨量985㎜に達するなど、記録的な豪雨で死者・行方不明者が出たほか、各地で堤防の決壊や河川の氾濫が起き、住宅や道路が被災しました。この再発防止のため、県は平成24年度から五十嵐川災害復旧助成事業に着手し、平成29年度に竣工したところです。  事業費は、約370億円。工事内容は、「河道改修・総延長約31.9km」「遊水地整備・洪水調節容量:約190万立方メートル、面積:約40ヘクタール」「笠堀ダム嵩上げ・約4mにより洪水調節容量を約2割、180万立方メートル増加」」などで、対象河川は一級河川・五十嵐川、一級河川・鹿熊川、一級河川・笠堀川です。  整備部の担当者から、遊水地整備の現場で説明を受けましたが、異常な豪雨で堤防が決壊した状況を思い浮かべると、自然の力の前では為す術がないけれど、同時に人間の知力によって防止する術を持っていることの素晴らしさも実感したところです。この遊水地には平常時は水田や畑作利用をしていて、リスクには保証があるとも聞きました。晴天に恵まれて穏やかな新緑が印象に残りました。  三か所目は、妙高市の「万内川砂防えん堤群」を妙高砂防事務所と地元「万内川砂防公園ファン倶楽部」の皆さんから、公園内の現場で「登録有形文化財・万内川砂防えん堤群と日影沢床固工群の保存・活用について」説明を受けました。 幸いにして、公園内のソメイヨシノが満開で迎えてくれました。  砂防事務所の担当者から、万内川は県下初の砂防工事に着手した「新潟県砂防発祥の地」であること。その原因は、明治35年5月、上流部の粟立山の大崩落による土砂災害が発生し、下流の西野谷集落の大半が跡形もなく流されたため、同集落と下流域を守るため、砂防えん堤を設置することとなり、当時の新潟県議会に再三にわたり要望活動を重ね、ようやく大正5年に調査が始まり、大正10年に第一号えん堤工事が開始されたとのこと。以降、この流域には全部で18基の砂防えん堤が増築されました。当時の工法では、重機もなく主に人力によるもので、集落や近隣の男女などが日夜作業にかかわったとのことでした。 18基の砂防えん堤のうち、11基は平成15年に登録有形文化財に指定されました。その理由は、原産地の石を石工の加工により造られた石積えん堤です。また、支流の日影沢には、1.2kmの渓流に47基の石積床固工が設置されており、これらも同年に指定されています。  万内川砂防公園ファン倶楽部は、平成18年6月に設立されました。 会員は、地元の人達を中心にNPO団体、民間企業、行政(国や県市など砂防関係者)等で構成されています。設立は、この歴史的砂防施設と周囲の豊かな自然環境を活かした「万内川砂防公園」の環境保全と先人の知恵と苦労を後世に語り継ぎ、治山・治水思想と防災教育の普及などを目指すもので、多くの人達から利用していただくための活動を目指しています。毎年8月の第2日曜日に開催され、約2,000人が参加する一大イベントになっています。中でも、子供たちに一番人気のニジマスつかみ取り、地元や企業の露店での美味しい食材で大いににぎわっています。最近は、山の日の休日に開催が変更となりました。  不肖私も、会員の1人です。雪解け水の爆音を聞きながら公園を後にしました。 2日目は、上越市の「国道253号線上越三和道路事業の概要及び進捗状況」を現地視察しました。  この道路は、「地域高規格道路・上越魚沼地域振興快速道路(全長約60km)の一部区間」で、上越市寺から同三和区本郷間、7.0kmで、平成14年度から工事が進められています。全体事業費約704億円で、平成29年度は31億円、平成30年度は25億6,000万円で整備中。今年度は寺から鶴町間・延長3.0kmが開通予定で、この間にある橋梁工事や舗装工事が進められている。国土交通省・北陸地方整備局・高田河川工事事務所の説明では、この工事区間は地盤が脆弱で沈下が激しく、押圧発泡スチロールが使用されていて、工事費が高いとのことでした。要約して報告とします。

2日目の最初は、「福島県下郷町の大内宿」で(観光を活用した地域おこしによる交流人口拡大と後継者の確保について)下郷町議会議長はじめ地元区長さんや役員、町職員や宿場案内人などから、資料館内の囲炉裏を囲んでの説明を受けました。昨晩30cmほど積もった雪景色が、古い情緒ある宿場街を一層引き立てていました。ちなみに、私は昨年夏に大内宿を見学しましたが、夏と冬では趣が違い感動すら覚えました。大内宿は、江戸時代における会津西街道(別名:下野街道)にあり半農半宿の宿場町です。当時の面影が、そのまま保存されてきた理由は昭和42年当時学生だった武蔵野美術大学・相沢教授が、江戸時代より残る茅葺の建築物を、後世に残すべきと強く村に働きかけたことです。村人の意見は二分したそうですが、熱心な説得と当時の大塚実町長が共鳴して、昭和56年4月に「重要伝統的建築物群保存地区」に認定されたものです。保存のための条例が制定され、大内宿保存会が設立されるなど、住民による街並み保存活動が始まり、大内宿を守る住民憲章も制定されたとのこと。 大内宿の概要は、世帯数47世帯・空き家2軒・夜間無住世帯4世帯・人口146名(男65名、女81名)・うち子供世帯11世帯23名・65歳以上の老人のみの世帯4世帯で、昭和29年には425名が在住していたそうです。  産業では、民宿2軒・飲食店15軒・おみやげ店26軒・営業なし4軒で、営業は4月から11月まで(冬期間は入込客が8割程度となるので、一部しか営業していないとのこと。)となります。専業農家1軒で、他は兼業農家で「蕎麦」や「えごま」栽培で、主に来客者に提供するための生産となります。景観上から耕作放棄地解消のため、補助金を利用しながら「蕎麦」「景観作物」「畦畔の草刈り」「農道の草刈り」など里山景観保全を行っているとのこと。年間の入込客数では、昭和60年24千人が平成21年1,159千人(これまで最高)となり、平成28年時には815千人とほぼ安定してきたとのこと。ただし、東日本大震災の平成23年は585千人まで落ち込んだそうです。  観光を活用した地域おこしによる交流人口拡大には、年間通して集約行事の復活や神社の祭礼行事のほか、これまでなかった6月の行事に「第二日曜日の茶会」を加え、冬期間の集客増の為、雪まつり(2日間)や歳の神行事なども行うようになったとのことでした。駐車場の確保の為、町有地を賃貸契約し地元管理で、普通車500台・大型バス15台程度の収容規模を、スタッフ10名・警備会社の派遣などで運営しています。年間に利用は、普通車約15万台・マイクロバス1,700台・大型バス5千台で年間65百万円の収入があります。茅葺屋根の保存も重要で、30余りの民家の茅葺屋根の葺き替えは、職人の高齢化や後継者不足から地域で技術習得、継承(現在10名ほど育っている。)に取り組んでいます。平成10年には、地区の青年達が中心となり「大内宿結いの会」を結成し、共同扶助制度の活用と茅葺技術を地域で守り継いでいるそうです。  萱刈作業も地区全体の事業として2~3日間実施していますが、高齢化のため、地域外からの支援も受けていてそうです。屋根の葺き替え期間は、10年から15年程度で行われるそうです。防火対策も大切な事で、各家庭には平成3年から5年にかけて火災報知器や屋内消火栓が設置されました。屋外には消火栓や放水銃、屋根上には落雷防止用の施設も設置されていて、消防団・婦人消防隊の他に、消防団OB組織「火消し組」で日中の人手不足対策を行っているそうです。  なお、下郷町では誘客のための諸事業を行っていて、その一つに「100万年自然ウォーク」のための「ウォークコースづくり」をはじめ、「着地型ツーリズム推進事業」などで、インバウンドの誘客拡大を図っていて、諸外国から認知されるような状況とのことでした。  ただし、地元区長さんの話では、今後とも入込客数は現状の80万人程度が限界で、これ以上の増加は不要とのことでした。 視察中、東南アジアからのツアー客が大型バス2台でやってきました。雪の知らない人達にとっては、大変な魅力と感動の一時だろう、と想像しながら視察を終わりました。   最後の訪問地は、東蒲原郡阿賀町の「道の駅・阿賀の里」で(移動スーパーの運航による中山間地域の高齢視野への生活支援について)阿賀町・波田野正博副町長、同町総務課職員、株式会社阿賀の里・林真一郎総支配人、阿賀町集落支援員4名の女性から説明を受けました。福島県から磐越道で阿賀町に向かう際、県境付近から本格的な雪が降り始めて「道の駅・阿賀の札」には、約40分も遅れての到着となりました。 移動スーパーの運行では、過去十数年にわたり「道の駅・阿賀の里」が中山間地集落を巡回する移動販売車(2台)で行ってきましたが、赤字や人員確保が出来ず運行を停止していたそうです。しかし、阿賀町の商店も過疎化により店舗数が半減。住民から買い物支援の要望が高まり、会社では阿賀町から「利益追求型よりも地域貢献を主たる目的。」に支援を得られることになり、平成29年5月より、新たに「阿賀の里移動スーパー」が再スタート。これを阿賀町で採用した、20代から30代の子育て世代の女性4名で、軽トラックを改装した車に住民の注文の商品(刺身や惣菜の他、生鮮品、お菓子等100品以上。)を、毎週火曜日から金曜日の4日間、町内の25地区に巡回して運んでいるとのことでした。その際、支援員は買い物支援だけでなく、高齢者等への声掛けや町との地域情報を共有し、更に小学校の登下校の見守りや集落の問題(救急・健康・道路等)対応も随時行っています。また、集落のイベントや祭りなどへ積極的に参加し交流を深めているそうです。これらをフェイスブックなどで紹介し、若年層の参加を高める発信にも力を入れています。なお、「阿賀町集落支援員」は総務省の「集落支援員制度」を利用し、平成27年4月1日より開始しているそうです。ちなみに、この制度では自治体に対し支援員一人当たり350万円(兼任の場合は40万円)を上限に、特別交付税で財政支援されます。  阿賀町の取組について、新聞などで報道され反響を呼んでいるそうです。県内でも同様の地域が沢山あり、支援の輪が広がれば、との思いで2日間の視察を終えました。

2月5日(月)~6日(火)の1泊2日で、4か所の行政視察を行いました。中野洸委員長ほか12名(欠席3名)の参加でした。 初日は大変厳しい寒波に見舞われ、私は朝6時半過ぎに家を出て、県庁に着いたのが9時過ぎでした。途中の高速道路では、吹雪の為視界が悪く緊張の連続でした。 最初の訪問先は、新潟市西蒲区にあります「越前浜自治会」で、(地域を挙げた移住・定住促進に向けた取組について)、小川吉幸会長・他役員3名(青池さん、篠澤さん、市橋さん)と移住者代表・(星名さん、近藤さん、吉岡さん)から説明を受けました。  現在地は、角田山北麓の日本海側に位置し、戦後、新潟市の近郊砂丘農業地として開墾され、スイカや大根など野菜と果樹、チュウリップ等が栽培され、海岸部は越前浜海水浴場として賑わっていたそうです。自治会の歴史は古く、今から約400年前(戦国時代)織田信長に滅ぼされた朝倉義景の家臣であった「小川以下7人衆」が越前の国から逃れて角田浜「宮の平」へ移住してきたとのこと。戦後は、集落の人口が1,000人を超えた時代もあったようです。 しかし、近年少子高齢化がすすみ、人口減少のため平成22年に地元小学校の統廃合が取りざたされたことが切掛けで、自治体独自の取り組みが始まったそうです。小川会長のもとで「自治体HP」を立ち上げて、PRや移住希望者への(空きや紹介、子育て世帯向けの分譲地販売)等を行った結果、平成29年11月末で自治会人口720人(280戸)のうち、移住者数が129人で66世帯、大人96人子供33人の構成。空き家へ賃貸で入居が28世帯・52人、空き家を購入して入居が26世帯・45人、新築住宅入居が12世帯・32人となっています。 これらの取組が評価され、平成28年度には新潟市の「新潟市移住モデル地区」の第1号に認定されたとのこと。越前浜の特異的な活動として「自治体を取り巻く課題では、基幹産業の農業の復活(高齢化対策、耕作放棄地解消、基盤整備)、少子高齢化への取組(小学校の活性化、高齢化対策、自然減対策)働く職場の確保(観光ニーズへの対応、浜茶屋に替わる産業転換、農業生産の法人化、JA、ワイナリー、地ビール、福祉施設)等に対し、自治会の取組として「越前浜集落活性化対策」では、(空き家対策を全員で協力し、共有地の有効活用などをホームページで広報・情報発信。)また、「地域活性化事業で福祉対策」では、(引きこもり対策、独居老人対策。生きがい対応型ディサービス、元気老人の活用)、また、「移住モデル地区」の活動では、(ホームページなどから移住希望者、農業参入者、再生エネルギー参入者などの受け入れ)を行っているとのことでした。 特徴的な事として、移住者のうち分譲地購入条件では、「小学校や幼児のいる子育て世代に人達が対象で、契約後、1年以内を目処に建物を建築する。」こととし、3区画を売却済み。現在は、第2期分譲として9区画(自治会共有地約3,000㎡)を今年の5月頃から分譲を開始する、とのこと。会場に来ていた移住者の方々は、県内在住者が半分くらいで、「都会にはない人間関係があり、自然と趣味を活かした生活が楽しい。働き方や暮らし方を変えたい。静かな所で暮らしたい。」などと、希望にかない現状に満足していました。また、自治会では年間様々なイベントが行われていて、地元の人達との触れ合う機会が多いことから、今後に期待が出来そうです。 2か所目は、「新発田市の新発田駅前複合施設・イクネスしばた」で、(こどもセンターの設置による子育て世代への支援について)、施設長並びに係長から説明を受けました。 新発田市では、中心市街地地区の再開発のため、平成25年度から29年度の間で約250ha(二の丸公園を頭に歴史・文化ゾーン、市役所周辺を鼻に公共サービスゾーン、柴田駅周辺を口に情報発信ゾーンに区分し、基幹事業・総額5,742百万円)の特色ある整備を行いました。地区概要では、「城下町機能が色濃く残り、駅やバスターミナル等の公共交通の結節機能、衰退している商店街などの経済機能、行政施設、教育施設、市民活動施設等が集中している場所である。」ことから、この地区の中心市街地の都市機能の更新を行うこととした、とのことでした。 目標のコンセプトは、「つなぐ」とし「新発田の歴史を活用したまちづくりと住民の生活機能を重視し、誰もが充実した市民生活を送ることが出来るまちづくりの実現を図る。」ため、新発田駅周辺に「複合施設・イクネスしばた」も一つの機能として整備されたものです。市長の考えとして「新発田駅を利用する通勤者・通学生の待ち時間を有意義に過ごせるスペースの確保が必要。」との意見が取り入れられたとのこと。 この施設の概要は行政棟として、敷地面積4,680㎡・延床面積7,230㎡で、1階部分に「新聞・雑誌・ティーンズの閲覧場所、カフェ、多目的室、音楽練習室」などがあり、2階部分に、「児童図書、料理・観光・県内資料などテーマごとにまとまった図書室、こどもセンターやキッチンスタジオ、一時預かり室、パソコンコーナー、展示室、視聴覚コーナー、多目的室」などがあり、子どもから大人まで幅広い世代が集うフロアーとなっています。3階部分は、「調査研究や学習、カウンター閲覧室、レファレンスコーナー、キャレルデスク、朗読室、多目的室など読書を想定した静かな閲覧スペース(約18万冊うち児童書3.5万冊)の設備が整っていて、隣接施設は民間棟であり、通称「MINTO館」4階建て延べ床面積3,150㎡があり、施設内には、敬和学園大学学生寮や市観光案内所、市観光協会事務所、医療施設などが入居し、平成28年7月の行政棟オープン後、2か月で入館者数が10万人に達し、平成29年8月には50万人を突破したとのこと。 人口減対策の一環として、同施設内に設置されています「こどもセンター」には、室内遊具で遊べる(あそびのひろば)や(短時間の一時預かりサービス)などの子育て支援や子育て情報発信、子育て世代の交流・リフレッシュの場として気軽に利用できる施設で、ほぼ毎日利用している親子もいるそうです。対象は、新発田市内に在住の満6か月から小学校就学前の子どもで、預かり時間は午前9時から午後5時まで、(1日1回4時間)、利用日数は原則月5回まで、利用料金は、1時間200円とのこと。センターの事業として、例月イベントの実施や子育て講座の開設、子育て講演会の実施、子どもだよりの発刊、子育てサークルの育成や支援なども行っていて、新発田市民だけでなく新潟市や近隣の市町 民も利用しているとのことでした。説明後、施設内を案内していただきましたが、「こどもセンター」には、多くの親子連れが遊具を使い楽しく遊んでいました。1階の新聞・雑誌・ティーンズコーナーにも、大勢の人達がいました。駅前という地の利でしょうか。 是非とも、子育て世代の若い人達が増えることを願うものです。

24日(水)午前11時より、県庁西回廊講堂にて新潟県実行委員会設立総会が開催されました。総会に先立ち、開催準備経過概要と競技会の概要、並びに大会の愛称(にいがた妙高はね馬国体・・・作者は妙高市の矢崎巧巳さん)及びキャッチコピー(銀世界 跳ねて 駆けて かがやいて・・・作者は京都市の猪原樹さん)が決定。愛称応募には1,607点(県内1,000点)キャッチコピー応募には1,595点(県内930点)の中から選ばれたとの報告でした。総会最後に表彰式が行われました。なお、実行委員会体制(会長は知事)と実行委員会会則、大会の開催基本方針、平成28年度事業計画及び収支予算が承認されました。県内国会議員と県議会各常任委員長と地元選出の県議が顧問となりました。開催地は妙高市の赤倉観光リゾートスキー場が中心となります。開催期間は平成30年2月25日(日)~28日(水)の4日間で行われ、開始式並びに表彰式は妙高市文化ホールを予定しています。マスコットキャラクターは「レルヒさん」です。今日も会場に姿を見せました。以上、報告といたします。